Skip to content

README ja

Coil

Coil は Kotlin Coroutines で作られた Android 用の画像読み込みライブラリです。 Coil は:

  • 高速: Coil は、メモリとディスクのキャッシング、メモリ内の画像のダウンサンプリング、リクエストの一時停止/キャンセルの自動化など、多くの最適化を実行します。
  • 軽量: Coil は ~2000 のメソッドを APK に追加します (すでに OkHttp と Coroutines を使用しているアプリの場合)。これは Picasso に匹敵し、Glide や Fresco よりも大幅に少ない数です。
  • 使いやすい: Coil の API は、ボイラープレートの最小化とシンプルさのために Kotlin の言語機能を活用しています。
  • 現代的: Coil は Kotlin ファーストで、Coroutines、OkHttp、Okio、AndroidX Lifecycles などの最新のライブラリを使用します。

Coil は Coroutine Image Loader の頭字語です。

Instacart ❤️ で作成されました。

ダウンロード

Coil は mavenCentral() で利用できます。

implementation("io.coil-kt:coil:2.2.2")

クイックスタート

ImageViews

画像を ImageView に読み込むには、 load 拡張関数を使用します。

// URL
imageView.load("https://www.example.com/image.jpg")

// File
imageView.load(File("/path/to/image.jpg"))

// And more...

Requests は、 trailing lambda 式を使用して追加の設定を行うことができます:

imageView.load("https://www.example.com/image.jpg") {
    crossfade(true)
    placeholder(R.drawable.image)
    transformations(CircleCropTransformation())
}

Jetpack Compose

Jetpack Compose 拡張ライブラリをインポートします:

implementation("io.coil-kt:coil-compose:2.2.2")

画像を読み込むには、AsyncImage composable を使用します:

AsyncImage(
    model = "https://example.com/image.jpg",
    contentDescription = null
)

Image Loaders

imageView.loadAsyncImage はシングルトンの ImageLoader を使用して画像リクエストを実行します。 シングルトンの ImageLoader には Context 拡張関数を使用してアクセスできます:

val imageLoader = context.imageLoader

ImageLoader は共有できるように設計されており、単一のインスタンスを作成してアプリ全体で共有すると最も効率的です。 また、独自の ImageLoader インスタンスを作成することもできます:

val imageLoader = ImageLoader(context)

シングルトンの ImageLoader が必要ない場合は、 io.coil-kt:coil の代わりに io.coil-kt:coil-base を使用してください。

Requests

画像をカスタムターゲットにロードするには、 ImageRequestenqueue してください:

val request = ImageRequest.Builder(context)
    .data("https://www.example.com/image.jpg")
    .target { drawable ->
        // Handle the result.
    }
    .build()
val disposable = imageLoader.enqueue(request)

画像を命令的にロードするには、 ImageRequestexecute してください:

val request = ImageRequest.Builder(context)
    .data("https://www.example.com/image.jpg")
    .build()
val drawable = imageLoader.execute(request).drawable

こちらで Coil の完全なドキュメント を確認してください。

要件

R8 / Proguard

Coil は R8 と完全に互換性があり、追加のルールを追加する必要はありません。

Proguardを使用している場合は、CoroutinesOkHttpOkioにルールを追加する必要があるかもしれません。

ライセンス

Copyright 2022 Coil Contributors

Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
you may not use this file except in compliance with the License.
You may obtain a copy of the License at

   https://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0

Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
See the License for the specific language governing permissions and
limitations under the License.